01.冷え性対策の服装をしましょう

walls

冷え性というのは、基本的に体の芯から温まることがたいへん重要になります。ですから冷たい飲み物を控え、温かい飲み物を飲むようにして体の芯から温まるようにしなくてはいけません。しかし、それだけで冷え症が治るわけではありませんから、冷え性対策の服装などにも気をつけなくてはいけません。家にいる間でも靴下を重ね履きするなど、足元を冷やさないように心掛けましょう。外に出る時、冷え性の人というのはついつい厚着をして出かけてしまいます。しかし、厚着をすることによって汗をかいてしまって、返って体を冷やしてしまうことになりかねません。ですから下着に気を遣いましょう。現在は体温調節をしてくれる下着が各社から発売されていますからこういった下着を着け、厚着をし過ぎない事も大切なポイントです。適度な運動をして新陳代謝を高め、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることで、体の芯から温まりますから、体を冷やさないうちに早めに睡眠を取りましょう。

冷え性対策で参考になる体の芯まで温まる食事方法

冷え性対策として有効なのは、汗をかくほど体の芯まで温まるような食事をすることです。冷房の効いた部屋で過ごすことが多い夏の季節は、ピリ辛の麻婆豆腐を食べて発汗を促せば、冷え切った体を温めることができます。
夏の季節は冷たくてさっぱりとした食事をすることが多くなるものですが、冷たいものばかりを食べていては新陳代謝が弱くなり、体の芯まで温まることはできなくなりますから、暑い季節でも温かい料理を作るようにすることが必要です。体の冷えが最も深刻となる冬には鍋焼きうどんを作って食べれば、体の芯まで温まります。
鍋焼きうどんよりも温熱効果が高いのは、カレーうどんです。カレーに含まれる多種多様なスパイスの中にはショウガやトウガラシ、コショウなどの発汗作用が高いものが含まれています。カレーうどんを土鍋で調理して食べれば、体を温める効果がさらに高くなります。スープを作るときにも、カレー粉を入れてあげれば、体が温まる料理になります。

 冷え性の方は緑茶の飲み方に注意

02.体の芯も温まる足の冷え性対策

_deadsea2

冷え性の人は足がとても冷えている人が多いです。お風呂に入ってしっかり温まっても、しばらくすると氷のように冷たくなってしまって、なかなか眠れなくて困ってしまうこともあるでしょう。体の芯から温まる冷え性対策があります。
夜、寝る前に入るお風呂の中で行います。膝を伸ばした状態でも曲げた状態でもよいですが、両足の指をぎゅっと握ったり開いたりすることをくり返します。あまりやったことのない人の場合はなかなか大変なので、最初は10回ぐらいからスタートさせると良いでしょう。しかし、慣れてきたら30回ぐらいは行うようにしましょう。あまり速い速度ではなく、ゆっくりと、しっかり握って開いてをくり返します。そのことで、ぽかぽかと血行がよくなり、足だけではなく、体の芯から温まることが出来るのです。体の芯から温まるので、お風呂からあがっても体はとても温かいままです。冬であっても、あたたかい体で眠りにつくことが出来ます。

体の芯から温まる睡眠方法で快眠

冷え性で悩む人は女性に多く症状を訴える人は70%にものぼると言われています。冷え性の人は寝つきが悪く、眠りにつくまでかなりの時間がかかります。
睡眠は、体の芯の体温は低下してリラックスし、手足の体温が上昇し、温まることが必要です。冷え性の人は血液の循環が悪いため、四肢末端の体温がなかなか上がりません。
手足が冷えて眠れない問題を解決するためには、就寝前の入浴で体の芯まで温まるのが効果的です。熱いお湯では眠気が吹き飛んでしまいますので、ぬるめのお湯でゆっくり入るのがよいでしょう。入浴の際に、手足のマッサージを習慣にするのも効果的です。
足や腰が冷えて眠れない場合は、就寝時にソックスを履くといいです。注意点としては、締め付けないタイプでないと逆効果となってしまいます。
冷えて寝れない時は、掛け布団を増やす人が多いですが、掛け布団を増やすより、敷布団を良いものに変えて背中と腰を温めることによって、体の芯まで温まってぐっすり眠ることができます。掛け布団を増やすことは、体への負担が大きくなってしまいます。

03.漢方の生薬で体の芯から温まる

the-spacious-bathroom-fashion-picture-material_38-4266

冷え性の対策では、体の芯から温まる必要があります。冷え性になったからといって、手先を温めても根本的な解決にはなりません。冷え性の原因は単に手先の血行不良ではなく、体がエネルギーを効率良く作り出すことが出来なくなっていることが原因なのです。
冷え性の人は基礎体温が低下しています。これは体が食事から摂取した栄養からうまくエネルギーを作り出せない状態になってしまっているのです。エネルギーがうまく作り出せない原因に、肝臓が弱っていることが挙げられます。
肝臓には糖や脂質を代謝してエネルギーを生み出すという役割があります。そのため肝臓が弱ってしまうと、体を温めるために必要なエネルギーを作り出すことが出来なくなってしまい、基礎体温が下がってしまうのです。その結果手先が冷えてしまい、冷え性になってしまうのです。
体の芯から温まるためには、基礎体温を上げる必要があります。そのためには漢方が効果的です。漢方の生薬には、肝臓を働きを良くしてくれる種類が多いのです。そのため漢方を利用することで、体の芯から温まることが出来ます。

 

温まる食事をするための知識

体の芯まで温まる食事をすることは、冷え性を解消するために大切なことです。
体を温めたり、冷やしたりすることがある食材の特性を見極めておくことはとても重要です。高タンパクの肉類は体を温める効果があります。北極などの極寒の地域では、アザラシや鯨などの生肉を食べることで体を温めることが行われてきました。日本の一般家庭では、鍋料理などの温かい料理を食べて体の芯まで温めることをします。
しかし、温かい料理を食べれば体が温まるのは当然のことですが、問題なのは食後の温かい状態をどれだけ長続きさせられるかです。夕食を食べて寝るときまで体が温まっているのが理想です。体の芯までしっかりと温めようとするなら、香辛料の力を借りる必要も出てきます。漢方の生薬でも使われる生姜(ショウキョウ)には優れた発汗作用があるため、鍋料理で使えば温熱効果が格段に高くなります。日本の漢方で言うところのショウキョウとは、乾燥させたショウガのことで、生のものよりも体を温める作用が強いのが特徴で、冷え性対策で重宝されています。

04.お風呂でできる冷え性対策

a0002_003369

毎日入る風呂の入浴法を少し工夫するだけで、体の芯まで温まる冷え性対策をすることが出来ます。いくつかある入浴法の中でも効果的に体を温めることの出来る入浴法に半身浴があります。半身浴とは38度から40度ほどの温めのお湯にへその上から胸の下当たりまで、20分から30分ほどじっくり浸かる入浴法のことです。半身浴では時間をかけて入浴するので手足の先から体の芯まで温まる上にお風呂から上がった後も長時間温かさが持続します。また、半身浴は長期的に行うと自律神経失調症の改善やダイエット効果も得られます。
逆に熱いお湯に入ると短い時間しか入っていられないので体の芯まで温めることは出来ません。また熱いお湯に入ると交感神経が刺激され目が覚めるので、寝る直前に入ると寝付きが悪くなります。
他に体を気持よく温める方法に足湯があります。足湯はのぼせにくく、足には太い血管が通っているので足だけを温めても全身の血液が温まります。最近は足湯のための便利グッズもたくさん売られています。

生姜湯で効果的に冷え性対策

慢性的な悩みとなる体の症状には様々なものがありますが、中でも特に悩んでいる人が多いのが冷え性です。
手足が冷えて不快なだけでなく、しもやけや腰痛、更には肌荒れなどの美容上の弊害までもたらしてしまう症状なので、諦めることなく改善を目指すことが重要です。
冷え性は血行不良によって引き起こされる症状ですが、その原因は生活習慣と密接に関わっている為、各種の習慣を見直すことで改善が可能ですが、やはりしっかりと必要な栄養を摂取し、体の芯までしっかりと温まることが冷え性対策の基本となります。
体の芯まで温まるということに関しては温泉が非常に効果的で、冷え性対策に温泉療法を取り入れている人も少なくありませんが、日常で手軽に行うことができる方法として注目したいのが、生姜湯です。
様々な効能が期待できることで、健康面で注目度の高い食材である生姜ですが、熱を加えて摂取することでより一層体を温める効果を期待することができます。
体の芯まで温まる生姜湯で、冷え性の悩みを解決しましょう。

05.体の芯から温まるための健康レシピ

a0002_003363

寒い冬も夏の冷房でも一年中つらい冷え症には、体の芯から温まる食事での対策も効果があります。例えば、体の芯を温めてくれる料理としてはショウガを使ったレシピが手軽です。ショウガを細切りにしてだし汁にたっぷり入れたショウガ鍋は、どんな具材とも合うので冷蔵庫の残り物でもさっと作れて簡単にできます。
また、乾燥ショウガは冷え症に大変効果があると言われています。ショウガをスライスして1日天日干しするだけというシンプルなものですが、一度作ればどんなものにも入れることができ、生のものより保存もきくので便利です。毎日飲む味噌汁や紅茶、はちみつ湯などに入れると飲みやすく、体の芯から温まることができます。手軽なので毎日続けられるのも良いところです。
しかし、体を温めるためといってもショウガの摂りすぎには注意が必要です。胃腸が弱い人などには刺激になることもあるため、自分の体質や体調に合わせて適度な量を摂るようにします。ショウガは冷え症の改善に効果のある優秀な食品なので、上手にとることが大切です。

体の芯が温まると手の冷えも改善される

冷え性になっていると、手がとても冷たい事が多いです。指先が氷のようになってしまう人もいます。このような場合、体の芯から温まるようにすることが、とても大切です。手だけを温めても、なかなか冷え性は改善されないのです。体の芯から温まることが大切なので、腹巻きをしたりして身体を温めるようにしましょう。入浴などをして内臓をあたためることが大切です。
また、運動をして身体の芯が温まると、冷え性も改善されますし、指さきもあたたかくなります。適度な運動を、生活の中に取り入れるようにしましょう。
その他、指さきや手をマッサージしたりするようにしましょう。リンパをマッサージするだけでも、かなり改善されます。また、指をぎゅっと握って開くというような、簡単な体操も行ってみるようにしましょう。とても暖められるはずです。
小さな積み重ねで冷え性は改善することが出来ます。日頃から、体の芯から温まることを行うようにしましょう。

06.体の芯まで温まる冷え性対策

a0002_003362

一般的に人間の体は冷えると調子が悪くなり、温まると調子が良くなります。そして長い時間体を冷やししたままだと免疫力をはじめとした体の機能が低下し、逆に体内のウイルスは活性化して病気になってしまいます。つまり体を冷やすのはよろしくありません。
では体を温めるのに何をしたらよいかというと、毎日できることではお風呂に入るとき半身浴をすると良いです。半身浴は38度から40度ほどの温めのお湯に20分から30分じっくり入ることで体の芯まで温めることが出来、自律神経失調症の改善や冷え性対策になります。
運動で体の芯まで温めるのであれば、ウォーキングがおすすめです。ウォーキングをしている間と後、体が温まるのは当然ですが、ウォーキングで筋肉が鍛えられその結果基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると何もしていなくても脂肪が燃えるので冷え性の改善になりますし、ダイエット効果があります。
自宅で行える運動ではヨガがお勧めです。ヨガはやってみると実際かなりきついですし、十分に体の芯まで温まる運動です。

体の芯から温まる料理について

体の芯から温まる料理は色々なものがあります。
まず、キムチ鍋は体の芯から温まる料理です。ゴマ油でキムチを炒めた後に、水を入れて煮立ったら野菜や豚肉などを入れていきます。体が温まります。同じ鍋では、豆乳鍋もあたたまります。豆乳をベースにしてだしをつくり、肉や野菜、魚などを入れていきます。
生姜は体の芯からあたためてくれるので、生姜焼きなども良いです。すり下ろした生姜と醤油、みりん、酒の中に豚肉を漬け込み、ソテーします。最後に、漬け汁をかけて照りをつけて出来上がりです。生姜を使って簡単に身体を温めたい場合は、生姜紅茶なども良いです。すり下ろした生姜とはちみつを紅茶の中に入れて飲みます。
かぼちゃのミルクスープも、身体を温めてくれます。かぼちゃをコンソメスープで煮込んでから、最後にミルクを入れて温めます。その他、タマネギがたっぷりのミネストローネ、ネギがたっぷりの鍋焼きうどんなども、身体の芯から温まる料理です。

07.冷え症は体の芯から温まることで改善

a0001_010625

冷え性の症状の改善や予防をする為には、体の芯から温まることがとても効果的です。冷え性の症状は、手先や足先などが冷えてしまうことですが、これらは体の芯を温めることで改善をすることが出来るのです。
手先の冷えと体の中の冷えは一見直接的に関係は無いように思いがちですが、実は手先の冷えは体の中が冷えてしまうことが原因で引き起こされるのです。
人間の体は体が冷えてしまうと、生命を維持するために大切な臓器に体温を集中させます。心臓などの臓器の方が、手先よりも生命維持に対して優先度が高いために、体が冷え始めるとまず内臓に血液が集中されるのです。その結果手先の血行が悪くなってしまい、冷え性を発症してしまうのです。
このため、冷え性を改善しようと思ったのならば、体の芯から温まる必要があるのです。体の芯を温めることで、体が内臓に血液を集めなくてもよい状態を作り出すことで、手先に血液が流れやすくなり、冷え性の症状が良くなるのです。

 

ストレッチで冷え性対策

冷え性に悩んでいる場合は、風呂に入って温まるとか、マッサージを行うような事も必要ですが、ストレッチを行う事によって体の芯から温まる事も可能になります。

ストレッチは筋肉を伸縮させてほぐし、血流を改善する効果が非常に高いです、血流全般が良くなる事で前進に栄養素や老廃物が巡りやすくなる事で、体の芯にまで効果が出てきます。

運動前後に行なったり、風呂のあとに行う等すると良いと言われ、筋肉は冷えた状態だと固くなっており、温めたりほぐす事によってジェル状のように柔らかくなります、そういう状態にしてから行う事で筋肉や筋を傷めずに冷え性対策を行えます。

体の芯から温まる事によって免疫力が向上しますし、代謝も良くなります、体も動きやすくなって運動で怪我もしにくくなり、体中に栄養素が巡る効率が上がり、老廃物を流してくれる効果もありますから、心身に良い影響もあります。

冷え性に悩んでいる方はストレッチを習慣にすると良いでしょう。

08.体の芯から温まる薬について

a0001_010624

冷え性の方は女性を中心にとても多くなっており、病気の元となってしまうことも考えられるため適切な対処を検討していくことが大切となります。
冷え性の改善には体の芯まで温まることが必要となっていますが、体の中から温まることが一番です。
最近は効果を実感士や初健康茶やサプリメントなどもたくさんありますが、医療機関にて相談をすることによってより良い薬を処方してもらうことも可能となっています。
処方される薬の中には体の芯から温まることができるものもあり、しっかりと検査をして処方してもらうことによって自分の体質に適したものを試していくことができます。
体質に合う薬を服用することによって効果を実感しやすくなり、体の芯から暖かさを感じられるようにない冷え性の改善へとつながっていきます。
冷え性はたくさんの病気を引き起こしてしまう心配もあるので、しっかりと検査をして適切な対処をしていくことが大切なため、医療機関を利用して相談をすることをおすすめします。

 

体の芯から温まる、お茶を飲みましょう

冷え症に悩んでいる方は非常に多いものです。特に女性に多いと言われており足が冷たくて夜、寝られないという話もよく聞きます。温かいお風呂に入ったり、靴下を履いたりと対策をしている方もいるかもしれませんが、体の冷えは内側から温めることが重要なのです。ですから、暑い夏でも冷たい飲み物は控え、体の芯から温まる、温かいお茶などを飲むようにすると良いでしょう。体の冷えというのは冬場の方が起りそうに感じられますが夏でも起こります。夏場はどうしても冷たい飲み物を飲む機会が増えますから体の芯から冷えてしまいます。さらにどこへいってもエアコンが効いていますから、長時間エアコンの効いた部屋にいると体はどんどん冷えてしまいます。ですから、暑い夏でも体の芯から温まるように心掛けることが大切です。温かいお茶が無理でも、常温の飲み物を飲むだけでも体の冷えは全然違ってきますから、ペットボトルをかばんに入れて持ち歩くなどして冷たい飲み物を控えましょう。

09.体の芯が温まる服装について

_beach

冷え性の改善や予防のためには、体の芯を温まる服装をすることがとても大切です。では、体の芯が温まる服装とはどのようなものでしょうか。
まず、3つの首をあたためることが大切です。首、手首、足首です。首はネックウォーマーやマフラー、またはタートルネックの服などを着ることで温めることが出来ます。手首までしっかり覆う服を着ることも大切です。足首はタイツや長めの靴下を履くこともよいです。
次に、重ね着をすることが大切です。肌着の重ね着は汗をかいてしまうため、それが冷えの原因となるのでお勧めできませんが、肌着、シャツ、セーター、コートのように重ね着をすることで、空気の層をつくることが出来ます。この空気の層が身体の芯から温めてくれるのです。
その他、素材も注意が必要です。保温性がある素材は、羊毛、シルク、カシミア、ポリエステル、アクリル、発熱素材などです。これらを重ね着することで、冷え性対策の服装にすることが出来ます。

身体の芯から温まると不妊は改善する

不妊で悩む女性に多いのは、体温が低いということです。
いつも手が冷たく、身体も冷えているケースが多いのです。
体温が低いことは、身体にも悪い影響があります。
例えば、風邪を引きやすい、身体も疲れやすい、いつもだるくて何もする気が起こらないなど様々な症状が出てくるのです。
体温をコントロールしているのは、女性のエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンです。
エストロゲンは女性の生殖器の成長を促し、妊娠に備えて子宮内膜を厚くして、基礎体温を下げる働きがあります。
プロゲステロンは受精卵が子宮内膜に着床しやすくなるよう助けるホルモンで、妊娠の継続に関係し、基礎体温を上げる働きがあります。
この二つのホルモンにより、体温が二相に分かれ、妊娠可能な時期が分かるのです。
体温が低く、体の芯から温まることがない人は、ホルモンバランスが崩れているということなのです。
ホルモンを改善するには、身体に良いことをしましょう。
まず、体の芯から温まるために、半身浴で、汗をかいて毒素を出しましょう。
漢方薬なども体の芯から温まり、ホルモンを調節してくれます。
こういうことの積み重ねが、妊娠可能な体へと変えてくれるのです。